MEMBERS

「設計」の仕事に就きたいという希望をストレートに実現 自動車部品設計 三村 隆 2005年入社 機械工学科卒

自動車の安全性・快適性を陰で支える部品の設計に携わる

大手自動車メーカーで、ワイヤーハーネス関係の設計に携わっています。大学では機械工学を専攻しており、メーカーで設計の仕事に就きたいと考えていました。しかし、普通にメーカーに就職したとしても、必ずしもその希望がかなうとはかぎりません。大学で行われた合同企業説明会に参加した際、製造・技術部門に特化したアウトソーシングがあることを初めて知りました。企業によっては、求めている職種が「設計」にあらかじめ絞られています。設計に携わりたいという自分の希望とのマッチングが得られやすそうだというのが、とても魅力でした。日研エンジニアというマザー・シップがあり、正社員として待遇が保証されたうえで、さまざまな企業の開発現場を経験し、技術者としてのスキルを向上させていける。そうした働き方ができるのは当社をおいて他にないと考え、入社を決めました。

ワイヤーハーネスは、自動車に搭載された各種電装品を繋いで電力や信号を送るケーブルで、生き物の神経や血管に例えられます。自動車は年を追うごとに、より安全性・快適性を追求する方向へと進化を続けていますが、それにともなって組み込まれる電気・電子機器の種類も増えています。車体の内側に隠れていて表からは普段見えませんが、それが繋がっていないと車は動かないという、重要な部品のひとつです。入社1年目に配属されたのがいまの会社で、以来一貫して、ワイヤーハーネスの設計にタッチしてきました。日研エンジニアに入社することで、就職活動時に抱いていた希望をストレートに実現することができた。そう考えています。

3次元CADを使ってシミュレーションし、試作車で検証

日研エンジニアに就職したあと、どんな仕事が待っているかの一例として、いまの私の仕事内容を少し具体的に説明しましょう。

自動車は内部構造が複雑で、さまざまな機能を持った部品がぎっちり組み合わされています。また、自動車のシャシやボデーは金属製ですが、バリが残っていることがあり、ワイヤーハーネスがそれに触れて断線するようなことがあってはいけません。どこに通せる隙間があるか、どこを通せば安全かを検討し、最適なルートを導き出すのが担当業務の主要な内容です。

ワイヤーハーネスの設計は、大きく二つのフェーズに分かれます。前半は、3次元CAD上に展開されたデータ画像を見ながらの検討です。出社後、朝一番にメールをチェックしたあと、毎日CADに向かいます。電装品は車両の先端から後尾まで自動車全体に配置されていますので、それらを繋ぐワイヤーハーネスも車両全体を走っています。画面上で車両内部の3D画像をくるくる回したり、断面図を確認しながら経路設計を行います。自動車産業は組み立ての機械化・自動化が進んでいますが、ワイヤーハーネスは、最終的に人の手によって車体に取り付けられますので、作業のしやすさを設計面で考慮することが大事です。このように、前半のフェーズは主にCADデータを基にしたシミュレーションが業務の中心になります。

後半のフェーズは、試作車を使い、実際の車両に試作したワイヤーハーネスを取り付けることで、設計に間違いがないかを検証します。この段階になるとCADを離れ、朝一番から工場で作業する日が続きます。最初の試作から約半年強、2~3回の試作と調整を経て、量産ステージへと移ります。モデルのマイナーチェンジの場合、初期の構想段階からここまで約2年。一つの仕事が終わったという、達成感を感じるときでもあります。

設計チームの一員として、自分自身に磨きをかけ能力を発揮

自分の仕事に対する向き合い方は、メーカーのプロパー社員の方と、なんら変わるところはありません。車種ごとにチームを組んで設計にあたりますが、チーム一丸となって、求められる品質に応えることが使命です。データによる検討を重ね、試作品をつくり、工場で試作車を使って実証試験をし、最後に無事量産に至る。そのプロセスの一つひとつに、設計という製造工程の上流部における物づくりの醍醐味があります。ワイヤーハーネスは人手で組み込まれることから、工場の組み立て担当の方との意思疎通も大事で、設計技術を自分のものにしていく過程で、コミュニケーション能力も同時に身についていきます。これは、優れたエンジニアに求められる資質の一つだと考えていますが、技術者としての将来を考えるうえで、私自身の財産になっていると思っています。

自動車好きで車の設計がしたいと思っている場合、就職時のアプローチの仕方はいくつかあるだろうと思います。一つは、具体的な企業にターゲットを絞って活動する方法。もう一つは、「設計」という仕事内容に焦点をあて、それが実現できるチャンスを探す方法です。日研エンジニアは、後者にあたります。日研エンジニアに社員として所属しますが、職場自体は数多くの企業のなかに存在します。一つの職場で技術者としてステップアップを図りながら、その時点の自分の適性に合う別の職場や業務で、さらにキャリアや能力に磨きを掛けることも可能です。設計という仕事内容により関心があるなら、辿り着くためのショートカットも用意されている。そう考えてもらえればよいでしょう。

Pagetop